左官アート

日本の家作りにはかかすことのできない、和室における壁塗りや床、塀作りなどを主に行う職人さんを「左官」と呼びます。最近では、その後継者作りが、メディアなどで話題になったりもしていますが、その由来は古く、平安時代の頃からその名が使用されていた記録が残っているようです。店舗リフォームをお考えの方々に、おススメしたいのが、この左官と呼ばれる職人さんたちが、生み出す塗りのアートです。日本の家作りとして、欠かすことのできない「左官」の職人技ですが、近年の素材開発による多様化もあって、様々な建築方式の中で、その存在を発揮するようになりました。もともと、左官が行う作業は、人が生活する上で、目に触れる機会の多い部分を仕上げることが多く、技術面でもデザインセンスの上でも、職人技が光る部分でもあります。そういった「左官」アートを、店舗のイメージチェンジとして、リフォームをお考えの方の声を聞く機会も増えてきております。どうぞ、日本の伝統技術を誇る「左官」の職人技を、店舗リフォームに活かしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です