ランニングコスト(光熱費)のダイエット

最近の店舗リフォームに対する、相談内容の中で、目立ちはじめたのが、「光熱費」の縮小です。「断熱工法」による、夏は涼しく、冬は暖かい建築物が、今後、主流になりつつあるようです。

●断熱工法
「内断熱工法」・・・断熱材を柱や地下などの内部に充てんする方法
「外張断熱工法」・・・窓やドアなどの開口箇所以外を断熱材で、すべて覆う方法

「内断熱工法」と「外張断熱工法」を使用した住宅のそれぞれの、エネルギー消費量(光熱費)を比較すると、より「外張断熱工法」の方がその効果があると言われていますが、その分、断熱材を充てんする費用がかかります。
また、建物自体の機密性が高まる分の「換気システム」の導入が、必要不可欠とはなります。
「内断熱工法」と「外張断熱工法」とともに、注目を浴びる「換気システム」には、セントラル(全館型)換気システムと、個別換気システムなどが、それぞれの用途に分けて導入されています。

ランニングコスト(光熱費)のダイエットを、考えて店舗リフォームをお考えの方々に、注目を浴びているエコ型リフォームです。それなりに、施工時のコストはかかりますが、施工後のランニングコスト(光熱費)は、無断熱の建築物と比較すると顕著に現れるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です