店舗リフォームのプランニング

店舗リフォームをする上で、重要なことの一つに「プランニング」があります。
プランニングとは、現在のリフォームを計画立てるのではなく、現在と未来の店舗の姿を見据えながら、店舗改装を行っていくという考え方です。長期的視野をベースにした、店舗改装は、結論からいうと「予算のコストダウン」につながったり、「予算の見直し」になったりすることも多々あります。今後、店舗経営が、どのような方向性で進み、どのような規模で成長していきたいのかなど、現在と未来を交えての「設計」「プランニング」は、店舗リフォームには欠かせません。

例えば、施工の際、素材選びに迷った時、予算を踏まえると、安価な材質を選びがちですが、将来的な、長期的メンテナンスを視野にいれると、メンテナンスが簡単で、不必要なものほど、ランニングコストを抑えることができる可能性を秘めています。「将来的なコストダウン」は、プランニングの際に、見落としがちなポイントでもあります。目先のことだけを視野に入れたプランニングではなく、未来を見据えたプランニングが、店舗デザイン、リフォームを行う上で、大切なこととなってきます。リフォーム後のイメージを膨らませ、「プランニング」を行うことで、店舗リフォームのイメージは、だいぶ具体化されるはずです。現在だけではなく、未来を見据えたプランニングを心がけて下さい。