オーダーメードとモジュール

店舗リフォームを、実際に施工業者にお願いする際に、よく使用されるワードとして、「オーダーメード」と「モジュール」という言葉があります。どんな意味をもって使用されているのかを、考えてみましょう。

●オーダーメード
「オーダーメード」は、「モジュール」に比べると、言葉としての使用頻度は高いかもしれませんが、皆さんは実際に、オーダーメードを行った経験はありますか?スーツや、ドレス、靴、バッグなどの衣類、衣服、装飾品によく使用される言葉ですが、オーダーメードとは、既製品ではなく依頼者の意志を伴った受注が、生産、制作を行うことを言います。

●モジュール
「モジュール」とは聞きなれないワードだという人が多いかもしれませんが、「既製品」「汎用品」として置き換えると、多少は近い意味合いがあるかもしれません。ぐっと身近に感じられましたか?「モジュール」とは、建築物の施工を行う上での、基準となるある寸法を表します。多くの場合は、この基本寸法を踏まえた上で、設計、施工が行われます。オーダーメードとは、この基本寸法外の規格で設計、施工されることを言います。
皆さんの身の回りに、多く見られるものに置き換えるとどうでしょう?「オーダーメード」と「モジュール」では、どちらに多く囲まれて生活していますか?

店舗リフォームを行う上で、「オーダーメード」or「モジュール」の選択は、重要な意思決定でもあります。リフォーム素材選びにも、「オーダーメード」と「モジュール」を、どう組み合わせ、どう選択するかによって、コストアップ、コストダウンが大きく左右されます。

モジュールを取り入れることで、その後に設置する設備が簡素化できるようなメリットがあります。「システムキッチン」「ユニットバス」などが良い例です。
店舗改装、リフォームを行う上では、適材適所にうまく「オーダーメード」「モジュール」を取り得る知恵が必要となります。